ホロドモール、ウクライナ、スターリンが犯した大惨事・大飢饉の目的

ウクライナとロシアの長い長い因縁の歴史、“ホロドモール”、スターリンが故意に引き起こした大飢饉は根深い因縁の中でも一際大きな出来事でしょうが、プーチンと(ワグネルまで含めた広義の)ロシア軍が執拗に民間施設やインフラ設備を 続きを読む…

日本のジャーナリズムの異様さ――『事実をありのままに伝える』重要性

日本のマスコミ人たちがジャーナリズムの意味を正しく認識していないことについて、諸外国との比較アンケートやレポートで示したゲンナリする(今更な)お話 「事実をありのままに伝える」 じゃなくて 「政治的アジェンダを設定する」 続きを読む…

「リベラルがなぜ嫌われるのか?」について、ジョン・ロールズへの原点回帰

リベラル乃至リベラリズムをめぐって、アンチと推しとでワーワー四の五のと拗れて言の泥ボールを投げあい、ともすれば場外乱闘じみたように縺れて絡まってるのを横目で見るにつけ、はるかかなたさんの連ツイを読んで、こういったことは原 続きを読む…

世界中で張り巡らされている海底ケーブルについてのよもやま話

いつだったかル・モンド・ディプロマティークで『海底ケーブルを巡る国家間のせめぎ合い』と題する記事を全文で読んだことがありました。 地政学上の観点から論じたコラムで、新時代の見えない冷戦のような話に「おぉ〜」と唸らされたも 続きを読む…

日本の歴史学について無茶苦茶な難癖→それが900以上のRT、1500に近いいいねを集めている状況

ツイッターで書き散らかすだけなら衣笠太朗さんが仰ってるように 「結局は、投稿した論文がその学術誌の求める水準に達しているかどうかだと思うな。そうでなければ不掲載、そうであれば掲載されるだけ。」 で一蹴されるだけの話なので 続きを読む…

ウクライナが侵略され、台湾が恫喝されてる中で77年目のヒロシマ

8月になり広島・長崎の季節が巡ってきましたが、今年は5ヶ月以上続いているウクライナ侵略戦争と直近の台中緊迫化が起こり洋の東西がピリピリしている状況でメモリアルを迎えています。 起きてしまった戦争はどのようにロシアに責任を 続きを読む…

個人主義と反国家主義を混同しているのはアメリカに限らないでしょう?

元記事が米国と北欧を比較した議論だから極端な物言いになってるのでしょうけど、その米国ですら個人主義と反国家主義を混同するような風土が半世紀前から変わっていなければ、先日のカンザス州の住民投票(中絶の権利)が予想を良い意味 続きを読む…

日本における統一教会=勝共連合の活動開始と当時の韓国・北朝鮮の政治情勢

統一教会について思考を巡らすならば、現代史、というか20世紀半ば〜後半にかけての歴史を改めてキチッと復習しておかないといけませんね 朝鮮戦争の兵站を担うため米国の占領政策変更が起きそれによって日本国内は一気に「逆コース」 続きを読む…

ロシアがウクライナに侵略戦争を仕掛けた代償の1つ――偵察衛星と半導体輸出規制

ロシアの偵察衛星の現状について。 8年前のクリミア侵略の時から半導体関連の制裁がはじまってて、今年はウクライナにカチコミしたせいで更に制裁が強化されたので、まぁこうなるわな、と。 ロシアの偵察衛星は、解像度33センチのペ 続きを読む…

中国共産党による仏教団体を通じたモンゴル、日本、オーストラリアへの浸透工作

こういうツイートを見かけました。 チェコの中国研究プロジェクトによる中国共産党による仏教団体を通じたモンゴル、日本、オーストラリアへの浸透工作について解説した報告書。 チェコの中国研究プロジェクトによる中国共産党による仏 続きを読む…