京都市交響楽団 第558回定期演奏会(指揮:アンドリス・ポーガ)

広上回でも大野回でもないのに、今日の定期は前売り段階でチケット完売御礼が出ました。
無名の若手指揮者での完売御礼は単純には嬉しい悲鳴ですけれど、日曜マチネにメインがブラ1だからというのがおそらくは要因なのでしょうか?
しとらす的には定期演奏会で安易に名曲選的なプログラミングをされるのは望ましくないと考えているので、ちょっと複雑な気持ちではありますが・・・。
中堅・ベテラン指揮者が今回のような選曲をしたら、余程の事情がないかぎりブーブー文句垂れるところですが、若手となると話は別。野球で言うなら新人ピッチャーがストレート一本でバッターに真向勝負を挑むといった感じでしょうか。
ブラームスの交響曲はコンサート指揮者にとってはベートーヴェンのそれに匹敵する基本書的な位置付けのできる作品でしょうし、聴く側にとっても指揮者の力量を測る上でのメルクマールになります。

というわけで、今回ラトヴィアから来たお兄ちゃん、昨年からパリ管のアシスタント・コンダクターを務めていて更に今秋からボストン響でもアシコンの職に就くことが最近公表されましたが、そんな彼の実力や如何に・・・?

 

京都市交響楽団 第558回定期演奏会
2012年6月10日(日)14時30分開演@京都コンサートホール
◆C.M.v.ウェーバー 歌劇『魔弾の射手』 J.277〜序曲
◆M.ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調
 (ピアノ・ソロ・アンコール)
 ◇C.ドビュッシー 2つのアラベスク〜第1番ホ長調
(休憩)
◆J.ブラームス 交響曲第1番イ短調 Op.68
指揮:アンドリス・ポーガ
ピアノ:ジャン=エフラム・バヴゼ
コンサートマスター:泉原隆志

 

ポーガさんは今回が初来日。
京都に来る前に仙台フィルと新日フィルで振られたとプレトークで明かされましたが、帰宅してからググってみると両方とも定期ではない公演でしたし、メインがそれぞれチャイコの4番と5番。
スラヴ系指揮者になら客寄せで安易に押し付けられそうな気がしなくもないような・・・。
“定期”と名の付くオフィシャルな公演を振るのは日本では京響が初めて。
しかもメインがブラ1ですから下手打つと足元を見られやすいかもで、超ハリきって臨んでくれればと少し意地悪な希望もあったりして(笑)。
以前調べた時にトランペットやってたのと音楽以外にもラトヴィア大学で哲学を専攻していたというのを見て、ちょっと風変わりな経歴の持ち主だなぁとは思っていたのですが、公演が終わって帰宅した今になって哲学でも何をメインにしていたのか聞くついでにサインもらいに行けばよかったと激しく後悔しています(苦笑)。
まぁでも今回のコンマスが同年代の泉原さんだったのは彼にとって都合がよかったかもしれません。

さて、1曲目の『魔弾の射手』序曲、音色は京響の素のトーンをあまり弄らずに使ってましたが、仕上げが予想よりも細かくキッチリしていた印象でした。
指揮ぶりもかなり几帳面で明快な棒に見えましたけど、リハーサル段階での時間配分のマネジメントが若いわりにしっかりしていたと捉えていいのかしら?

2曲目のラヴェルのコンチェルト、ジャン=エフラム・バヴゼさんはChandosレーベル専属アーティストでドビュッシーの全集やラヴェルの2つの協奏曲など多数の録音を残されているピアニストですが、さすがChandosのお眼鏡に適うだけはありますね。
透明で粒立ちの良い音で時折洒落っ気も感じさせながらサラサラと流れる水を思わせるも緻密に音楽を紡いでいってました。
指揮者だけでなくオケの団員(そういえばTpパートは前半にナエスさんが1番で後半の1番が早坂さんと通常とは逆でした)にも何度となく視線を交わすように合わせていくのには余裕も大いにあって、終楽章では茶目っ気たっぷりに畳み掛ける感じでブラボー!
個人的に大好きなラヴェルで生で好演を聴けたのに大満足です。
これで心置きなくNMLに収録されている録音も聴くことができますねw(今日の本番まで楽しみにとっておこうと思って http://ml.naxos.jp/album/chsa5084 にあるのもまだ手を付けてなかったのです)。
アンコールのドビュッシーもとても素晴らしい演奏でした。

そして後半、メインのブラ1。
例えば昨年のノイホルトさんや5年前のボッセさんのように音色を一から構築するかのような要求をするわけでなく前半同様に京響のカラーを素のまま使ったようなので、ドイツ的な重厚さこそありませんでしたが、こと音楽の構築においては強引にドライブかけるわけでもなく下手に斜に構えることもなく、あくまで真直に堅実な手法を用いたもので、この辺りはさすが哲学専攻といった感じなのでしょうか。
パトスとロゴスのバランスがとれているというか理論構築がカチッとしている印象でした。
若さと野心も覗かせながらの(テンポは全体的に中庸〜若干速め?にもかかわらず)堂々とした演奏でした。
どういう縁か京響でブラームスを聴く機会が何度となくあったしとらすですけど、今日の演奏はその中でもトップレベルに置いていいほどだと思いました。
ブラ1を堅実にやってこの充実さ具合なら本人の成長次第で先が楽しみになりますし、チケット完売御礼の機会にこのレベルの演奏ができたのなら京響にとっても好いアピールになったのではないでしょうか。

・・・っていうか、京響のブログにアップされた記事を見てると思うんですよ、やっぱり躊躇せずにサインもらいに行っておけばよかったなぁ・・・(←今頃言うな、自分)。で、これの1つ前に記事にポーガさんからのメッセージと題されたのがあるんですが、それを読むと彼にとってブラ1は音楽院入試やコンクール審査などターニングポイントで指揮した曲だそうで、いわば勝負曲みたいな感じなのでしょうね。最後の音が鳴り止んだ後に「ブラヴォ」と呟いていたように見えましたけど、そういうことだったのかな、と。

ともあれ、バヴゼさんのピアノは機会があればソロのリサイタルで聴いてみたいと思いましたし、ポーガさんも京響定期で再客演あるといいですね(というかリハがどんな感じで進んでいたのか知る由もないですが、その時の段階でオケと良好な関係が築けていたのなら、せっかく良い先物買いできたのだから事務局はコネ作っとけw)。
その時はぜひラトヴィアの作品を採り上げてほしいと思います。

 

 

【Amazon】↓ラヴェル:ピアノ協奏曲、左手のためのピアノ協奏曲、他/バヴゼ、トルトゥリエ&BBC響